This Category : 曲紹介

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにPOPSレビュー

2011.03.30 *Wed
去年の終わり頃の空前のk-popブームは完全にスルーしたんですが、今日ひょんなことからK/A/R/Aの新曲を聴いてみたらすごくよかったので紹介。

Youtube

そこはかとなく漂う90年代っぽい(?)雰囲気。
メロディとかブラスとか「ホゥー!」とか、S/P/E/E/DとかM/A/Xとかを彷彿とさせる音が満載な感じです。
このグループの曲は、バスドラが四つ打ちでずんずん鳴っているイメージだったのですが、
この曲はかわいい感じで意外でした。

とにかく音使いが大好きです。あまりにツボをついてくるので、好きなところを箇条書きにしてみる。
・ブラスがファンキーで華やかなんだけど、巧く融けている感じ。
・Aメロでもサビでもずーっとブラスが鳴っている!
・Aメロの4小節目のメロディ(ピンポイントで好き)
・Bメロの最後の2小節と、サビの7,8小節目が同じフレーズ(これは今後作曲するときに実践してみたいです)
・↑のフレーズ自体もキメっぽくて良い。
・Cメロ終わりでスラップベースが突然出張るところ

・ボーカルがネイティブジャパニーズじゃない点。
・↑だからこそかもしれないが、発音がはっきりしてて良い。

・歌詞がM/A/Xっぽい。程よい肉食。

・蛇足ですが、PV凝ってて面白い。サビの5,6小節目の振り付けがとても可愛い。


ちょっと気になる点
・ひとつだけですが・・・。終わり方。さすがにこれはもう少しがんばるべきだと思うんですがどうでしょう。

このグループは解散騒動とかあったような気もするんですが、無事にこの曲を完成させることができて本当に良かったと思います。
それにしても、この曲は韓国語バージョンとかないんでしょうかね。
以前聞いたすんごい4つ打ちの曲は、確か韓国語だったんですが、なにいってるかさっぱりわからないのが、逆に良かった気もするんです。

ともかく、久々にCDを買ってみようかと思います。
しかも、売り上げは義援金として寄付されるということなので、迷うことなく買えますな!
スポンサーサイト
CATEGORY : 曲紹介

好きだった音楽

2010.09.10 *Fri
メトロイドの新作目当てに、Wiiを買ってしまい、暇さえあればリモコンを握りしめているアボカドです。
いや、絶対同じ運命を辿ってしまった人はいると思いますよ。ハード+ソフトで25000前後も費やしてしまいましたが…。

さて、ipodを久しぶりに混ぜ混ぜして聞いていて、気がついたことがあります。
自分の曲のルーツのひとつに、島/谷/ひ/とみさんの音楽があるということ。曲的にも詞的にも。
せっかく発掘したので、早速紹介してしまおうと思います。

といっても、5年以上前にアルバムを一枚レンタルしただけなので、ファンというわけではないのですが、当時は本当に聞き込んでいました。いつかこんな曲作りたいなぁ、と思った気もします。
もちろん、作詞作曲は島/谷さんじゃなくて、曲ごとに別の人が受け持っているのですが、彼女の作りだす世界観的なものに感動した覚えがありますね。



たとえばこの曲。歌詞が直球ピュアで切ない感じ。いま聞いてもとても好き。
1番Aメロの「独占できたらいいのに…」からの歌詞が、すんごくリアルで良い。
んで、
2番Aメロの「ためらいなんてなければ、変えていける明日」とか、「何も知らない子どもならば~この道かけていく」とか、Cメロの「最終列車のドアが開いた」あたりのモチーフに強烈な影響を受けたことが、私の書いた歌詞に目を通せばよくわかる…笑

同アルバムから、ライブ版ですが、

イントロとメロでキーがなんか変わった気がしなくもないけれど、まぁCDならまともなので気にしない方向で。
この歌詞はすんごいいろんな風に解釈できて、たぶん多くの人が共感できると思います。
最近多いウェットでセンチメンタルな表現がなくて、絆の存在を絶妙な言葉選びで伝えてくれる感じ。
2番Aメロの「あなたはなぜまるでひだまり 部屋は日曜日みたい」
この一見稚拙な表現に、すんごいオリジナリティを感じて心に残りました。
しかしこの曲は、何よりメロディが神がかっている。ラテンとオリエンタルとイマドキの音楽が交錯している感じ。「この部分が好き」という部分がない。全部好き。
ちなみに、Wikipedia先生によると、この曲の作曲の方は、かの48人組の「会/い/た/か/っ/た」と同じ方らしい。曲づくりの幅が広いですな。

最後にもう一曲

トラキアなのに、えらく和風に聞こえるこの曲。この半音ばりばりのメロディラインが私に与えた影響は計り知れない気がします。
歌詞はトラキアの誰かさんの話にしてしまうのがすごくもったいない感じ。
2番Bメロが半端ない。「サルビアの花揺れる道 さよならをくりかえし、また明日会えるはずの君は泡沫に」
こう、一方通行感の出ている歌詞はすごく心に響く。個人的に。

というわけで、とりとめもなく紹介しました。
これらの曲を書いているみなさんもすごいんですが、やっぱり歌詞のもつ力を聞く人にダイレクトに伝えるシンガーの力というのもすごいですね。
久しぶりに、彼女の新しい曲も聞いてみようかなぁ。
長々と失礼しました。ここまで読んでいただいたいてどうもありがとうございます。
CATEGORY : 曲紹介

よよさまぱねぇええええ

2010.07.19 *Mon
↓の記事で予告したとわのさん新曲の件ですが、やっぱり明日までは無理そうです…。
曲は意外にすんなりとできたのですが、やはりボキャブラリーが枯れてしまっているので、作詞に時間が…。
Collapseとかは、作詞だけで数ヶ月かかりましたからね。初期の曲は、一晩で書いたというのに、どういうことなんだろう…。
誕生日には間に合いませんが、曲調が完全にとわのさん向けなので、彼女に歌ってもらうことにします。

さて、ありがたすぎる動画を発見したので紹介します。

海外の方が、Elapseをカバーしてくださったようです。以前、My Tiny Worldをカバーしてくださった方と同じ方のようです。
耳コピ…だと…。耳コピが激ムズであったと思われる変ニ長調。完璧にコピーしていただいて、本当にありがとうございます。
リテイク版の調声を参考にされているのでしょうか。「誰かのプレゼントの写真たても」の「プ」の再現率がすばらしい。
新曲作る元気が湧いてくるような、ありがたい動画です。

ありがたいといえば、本家Elapseも最近また宣伝して頂いたようですね。
それと、華やかな弾幕まで作っていただいて、本当に感謝です…。
なかなか新しい曲を作れない時もありますが、UTAUでの活動はずっと続けていきたいな、と思います。
CATEGORY : 曲紹介

リフォームかぁ・・・

2010.05.22 *Sat
番組は見たことがないんですが、とてもかっこいいので紹介してみます。

以前、ほかの方がエレクトーンで弾いているのを聞いた時にとても感動した記憶のある曲です。
某動画で見かけたので、ようつべで聞き直してみました。

テレビのCMなどで使われている部分は旋律がしっかりしているんですが、全体的に拍子も旋律も危ういバランスの上に立っている感じです。
展開がフリーダムというか、感情的な感じです。30秒くらいからのテーマ部分と1分10秒くらいからの部分が、両方とも主役を張れるフレーズなのがおもしろいところ。1分10秒~のテーマが後半でもう一回くるところは、本当に熱いです。
2分20秒くらいからのPfアドリブがフュージョンぽくもありゲーム音楽ぽくもあるいいフレーズですね。アドリブにしてはかなり解りやすいメロディなんですが、他が難解すぎるのでバランスとってるのかも。ゲーム音楽といえば、最後にくるシンセの音が非常にゲーム音楽っぽい。しかし、なぜ最後にあえて今まで使わなかったシンセを持ってきたのか…。
コンポーザーは松/谷/卓さんという方ということですが、この曲の収録されているアルバムの楽曲はどれもかっこよさそうですね。ほかの曲も挿入曲に使われているらしいし、まずは番組を見てみよう…。
CATEGORY : 曲紹介

そーたいせー

2010.05.10 *Mon
視聴者の方のコメントに「相対性理論みたいだ」みたいな発言があって、どういうこっちゃ?と思っていたのですが、バンドの名前みたいですね。
ちょっと調べてみたんですが、…た、確かに私の趣味を狙いうつサウンドでした。

いろいろ聞きあさって一番気に入ったのが、この「品川ナンバー」。
オケがぞくぞくする。シンセを使ったファンキーなサウンドは本当に大好物です。決して重層的に音が鳴っているわけではないんですが、サイレントなわけでもない。こういうバランスのいい曲作りたいなぁ。
ドラムは打ち込みなのかな?こういうリズムパターンは打ってみたことないけど、かなり心地よい。
メロディラインもたまらんなぁ。サビのせつなさが好き。

ボーカルの声はものすごい中毒性。マットな歌い方と、ふわふわウィスパーボイス。
音程がたまに不正確になるんですが、それもわざとなんじゃないかと思うくらい魅力のある声です。

歌詞は意味不明なようで、なんだか胸の奥に突き刺さってくる感じです。でも、解釈とかはするだけ野暮なのかと。聞いた人が好きなように感じてOKな雰囲気。
ネット上のレビューとか読むと、歌詞は韻を優先しているから、特に意味はないという意見もありますが、歌詞に意味を見いださないで聞くのもありだと思いますね。

それにしても、このバンドの編成とか曲調とかボーカルの声を聞いて、パーキッツを思い出したのは私だけなのかな。
歌詞の方向性だけは全然違うけど、ほかはよく似ていると思うんです。
CATEGORY : 曲紹介

L'bounマイリス



最近書いたもの!



過去をあさる!



カテゴリ!

雑記! (39)
動画! (21)
その他 (20)
曲紹介 (7)
次回予告 (19)



コメント!



お気に入り!

このブログをリンクに追加する



ついったー



るばうんとは!

L'boun(アボカドP)

Author:L'boun(アボカドP)
L'bounといいます。またの名をアボカドPといいます。
今はUTAUオリジナル曲をニコニコにうpしたりしています。

ブログ名のCool Bounceは本田雅人の楽曲のひとつで、HNのL'bounもそこから取りました。(Coo「l Boun」ceということです。)
なので、名前はるばうんと読みます。



番号!



brogram



Copyright © Cool Bounce All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: 青の朝陽と黄の柘榴
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。